田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2018年12月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像12月

空箱の中に空箱十二月

御破算で願ひましては街師走

母遺す編みし毛糸の未来形

底冷の底を奔りて蒼き川

底冷の紫がかり比叡昏るゝ

みちのくの伏目のこけし冬深き

冬の蝶大きあを空残しけり

冬凪いで猫日和とぞなりにける

密やかにこひびとと逢ふ年忘れ

山眠るふつと活断層のこと

山眠りゐて石英は水晶に

三十六峰しめし合はせて眠るかな

熊出でし山にも市制布かれあり

休校の砂場に遊ぶ風邪の神

死亡欄読む間をしぐれては晴れて

音消して救急車去る寒夕焼

枯野行きて測量士に遇ひしのみ

落日を一鳥よぎる枯野かな

蟷螂も枯れてもう枯るゝものあらず

人よりも地図を信じて枯野なる

これやこの枝垂桜の枯木かな

手を浸けて海ぬくかりし水仙花

水仙や怒濤いくつも見てゐたる

枇杷色に屋台はともり雪催

夜雨そと初雪となる別れかな

白毛布蛹のやうに子は眠る

ジョン・レノン思ひ出させてしぐれけり

十二月八日未明の放屁かな

狛犬の阿吽の分かつ霜の花

火事跡を離れぬ犬のをりしこと

オロシヤの舶を怖れず冬かもめ

冬籠るつむりの中の詰将棋

ユダのごと髭たくはへて冬籠

枯園の一人と一人かゝはらず

冬耕の一人にとほき一人かな

一點へ収斂しゆく枯野人

 


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙